TOKU TOKU てくてく 徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ京都に行こう。A

<<   作成日時 : 2007/02/04 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●初めての嵐山。京福電鉄という可愛らしい一両車両の電車で嵐山へ。今日も昨日に引き続き天気が良くてツイてるなぁ。まずは天龍寺へに行き、有名な曹源池庭園を観賞。この時期であれば本来は雪に染まった真っ白な庭園が望めるはずだったのだけど、あいにくのぽかぽか陽気。素敵なお庭だったけど、何だか雰囲気がいまヒトツ。面白い顔の達磨の絵があったのが印象的。是非また冬の季節に来てみたい。
画像

画像

●天龍寺の奥にある門を抜けると、よくCMや映画にも使われる竹林があった。さすがに有名なロケーションなので団体の観光客の喋り声が竹林の静けさを邪魔していたけど、よく手入れされた竹林はなかなか見れないものだった。なるほどねー。竹林の先には源氏物語の六条御息所の娘が斎宮として身を清めたという野宮神社(これまた縁結びの神社らしい)があったのだけど、何故か海外の観光客(中国系?)が沢山いて写真撮影の嵐だったので雰囲気も何もない…。
画像

●そこからまた駅に戻り、そこを通り過ぎると渡月橋から大堰川を望む景色が広がる。こうしてひらけた景色を見ると、京都には町中で限られた空間の中に凝縮した自然を庭という形に閉じ込めることもあれば、こうした手を加えない自然の庭も持ってるし、人も自然も豊かな土地だなぁと思ってしまう。いっぱいマイナスイオンを吸っておこうっと。
画像

●小腹が空いてきたので、冬の京都といえば…の湯豆腐を食べることに。敷居の高いお店には一人ということもあって入りづらかったので、京福電鉄の嵐山駅の上にある「百足屋」というお店でとうふ御膳(2,100円)を食べる。まだ新しい作りのお店で、雰囲気はハイカラさんが通るっぽい大正浪漫な感じ。出てきたお料理もなかなか美味しかった。
画像

●また京福電鉄に乗って、今度は石庭で有名な竜安寺へ。観る人が観る人なりの解釈で眺めるという庭。最初に見たときは、想像したよりも小さいのに驚いた。とりあえず他の観光客がするように、じーっと見入ってみる。………。最初は変わった形の石が並んでるという、見た目以外の何物も思わなかったけど、確かに色々と考えようはあるのかもという気になってきた。何かキッカケを与えられるとそれを理解しようとする力が出てくるんだろうか。……。不思議な場所だ。
画像

●時間はまだ15時だけど、明日に疲れを残さないためにはそろそろ東京に戻りますか。ちょっとしたお土産(会社用のお菓子と今晩のおかず)を京都駅の伊勢丹で買い、新幹線に乗り込んだ。余り動いてもいないので文庫本2冊くらい読む元気は残ってるかと思ったけど、ぐぅぐぅ寝込んであっという間に東京到着。意外と京都も近いもんだ、と新たな発見の週末旅行でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ京都に行こう。A TOKU TOKU てくてく 徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる