TOKU TOKU てくてく 徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS パリでレベルの高い日本庭園。

<<   作成日時 : 2013/03/09 19:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


先週の日曜日、ブローニュの端っこの10番線の最終駅にあるアルベルト・カーン美術館・庭園(Albert Kahn, musee et jardin )に散歩に行ってきました。中心部から遠いこともあってか余りガイドブックでも見た記憶のない美術館・庭園。

義理の父から話を聞いていて気になってはいたのですが、実際訪れてみるととても素敵な空間でした。私にとって何が驚きだったかというと、日本庭園のレベルの高さ!時期としては戦前、アルベルト・カーン氏の世界探訪の経験から作られたという歴史ある庭園なのですが、混乱した東洋趣味に走らずに日本のエスプリが濃縮されていて完成度が高いように感じました。

この庭園は日本庭園だけでなく、英国庭園やバラ園、アルベルト・カーンの出身でもあるアルザス地方のボージュの森を再現したセクションなど、そんなに大きくないのですが見所が一杯。季節によって見せる顔も違うと思われ、また訪れたいと思わせる場所です。そういえば、散策していてふと東京の小石川後楽園を思い出しました。そう、自然美をあるがまま以上に魅せる努力のされた見応えのある庭園という意味で似てるなぁと。

小石川庭園といえば、もう梅の季節も終わりかしら?そろそろ春ですね。

画像


画像


画像


話は変わりますが、最近、私のブログにたどりつく方たちに目立って多い検索キーワードが、パリのスリと国際オレオレ詐欺に関するもの。どちらも物騒な話題のキーワードです…。事前防止に役立つといいなぁと願うばかり。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パリでレベルの高い日本庭園。 TOKU TOKU てくてく 徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる