TOKU TOKU てくてく 徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS パリ版ゴールデンウィーク(?)前半の過ごし方。

<<   作成日時 : 2013/05/05 18:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本はゴールデンウィークもそろそろ終盤というところですが、こちらパリは学校の春休みが今年は4月27日から2週間(フランスは全土を3区域に分けて時間差の学校の休みが設定されている仕組みです)とあって今はまさにゴールデンウィークな雰囲気が漂っています。ただでさえ、祝日が多い5月はバカンスを取る人が多くて本当に仕事が進みません…。

とはいえ、3月決算の日系企業のお客さんが多い私としては、日本で5月中に親会社の会社法監査報告書がラッシュを迎えるため、在仏子会社監査があるのでそうも出掛けていられないのが事実。それでなくても、フランスのローカル監査の方でも12月決算の会社がそろそろ報告書を出さなくてはいけない時期が近付いています(基本的にはフランスは期末日より6ヶ月以内です)。
ということで、パリ版(?)ゴールデンウィークの前半は近場で、あるいは週末を利用した遠出で過ごしました。

ノルマンディーでの週末。こちらは相方の幼馴染の家の別荘で。
何を特別したわけではなかったのですが、パリを離れると週末という短期間でも頭の中が空っぽになれていいもんです。まだ肌寒いながらも太陽が顔を出していたので、コートをまといつつ外のベンチで日向ぼっこ。そういえば、フランスに来てからこういう時間の過ごし方が段々と苦痛から心地よいものになってきたもんです。

画像


そして水曜日はメーデー、労働者の日で祝日。パリ市内で数少ない祝日でもやっている美術展ということで、Fondation Cartierで開催中の「Ron Mueck展」に行ってきました。他の美術館が軒並み閉まっているせいか、1時間半の行列をしたのですがとても面白い展示でした。このアーティストは激リアルな彫像を色んなサイズで作っているのですが、中でも青い壁面にくくりつけられたゴムボードの上でくつろぐ男性の彫像が興味深かったです。ここ、Fondation Cartierの展示場自体も自然とモダンの調和が非常にうまくなされた、素敵な空間です。

画像


そして、今週末は相方が友人のバチェラーパーティーでいないので、おひとり様を満喫中。昨日は、美容院に行き、やっぱり一人ならラーメン?うどん?…の迷いの挙句にうどんディナーを讃岐屋さんで。そして、相方は興味がないから行っておいでと言っていた、オドレイ・トトゥの新作映画「L'ecume des jours」を観に行きました。相方曰く「ぼくがいるときより充実した一日になってない??」…ふーむ、ここは否定しどころなのか(苦笑)。

さて、後半はどう過ごすかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パリ版ゴールデンウィーク(?)前半の過ごし方。 TOKU TOKU てくてく 徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる